ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)をインドに依頼する

欧米企業が取り組んできたインドでのビジネスプロセスアウトソーシングは、日本企業にとってもメリットをもたらします。BPOの成功のコツは、業務プロセスの標準化とモニタリングの仕組みづくりにあります。

欧米企業が取り組んできたインドでのビジネスプロセスアウトソーシングは、日本企業にとってもメリットをもたらします。BPOの成功のコツは、業務プロセスの標準化とモニタリングの仕組みづくりにあります。
少なからぬ欧米の大企業が、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)をインドで行っています。BPOとは、必ずしもその企業が拠点を置く国で処理をする必要のない業務プロセスを切り出し、ネットワークシステムで接続された労働コストの安い国にアウトソーシングすることを言います。例えば、月次の請求書の処理、毎日定常的に発生するある種の知的な処理、ITシステムの支援によって業務品質を一定化できる顧客対応などがその対象になります。コールセンターを海外に置くこともBPOの一例です。

業務プロセスを切り出してネットワークでつながったインドにアウトソーシングする

欧米の大企業がインドでBPOを行うのは、インドが英語圏であり、そこに発注することで人件費の削減ができるからです。自分の国でやっても、インドで行っても、業務品質に差がない業務プロセスについては、インドに発注した方がよい。そのような合理的な割り切りに基づいて、BPOは行われています。
同じ発想は日本の企業にとっても有用です。これまでにも述べてきましたが、インドは人材大国。日本語ができる優秀なスキルを持った人材が豊富に存在しています。日本で行っても、インドで行っても、業務品質に差の出ない業務プロセスを切り出して、ネットワークシステムでつながっているアウトソーシング先に発注すれば、目に見えるコスト削減効果が得られます。
BPOを成功させるコツは、業務プロセスの標準化と効果的なモニタリングの仕組みづくり。どちらについても、すでに欧米で確立されたノウハウがあるので、それをひな形とすれば日本企業にとっても成功は難しくないでしょう。
インドでBPOが可能な業務領域には、KPO(Knowledge Processing Operations)、テクニカルライティング、翻訳(多言語化)、テスティング、画像処理、DTPなども含まれます。

For inquiries, Please Call or Email