グローバル市場向けの商品・サービスをインドで開発する

英語圏の市場に向けた商品・サービスを開発する拠点として、インドは理想的な選択肢です。また、多言語仕様の商品・サービスにおいても、同様のことが言えます。

世界の英語人口は約3億4,000万人。第二言語として英語を使う人を含めれば約8億人に上ります。商品やサービスを英語で提供するだけで、このように大きな母数から成るマーケットにリーチできるようになります。

なぜ、インドが英語版を開発するのによい選択肢なのか

英語対応の商品・サービスを作る拠点として、インドは非常によい選択肢でしょう。優れたエンジニアが安定的に得られます。
同じ仕様の商品・サービスを日本で作成した場合と比べると、コストは大きく違ってくるでしょう。労働集約型の商品開発やサービス開発では、ベースとなる賃金の時間単価が8,000円なのか3,000円なのかで、総額は大きく異なります。
特に英語版の作成においては、英語の高いスキルのあるエンジニアが相対的に少ない日本では、エンジニアそのものが得にくいということに加えて、相対的に高い単価で雇わなければいけないということも想定されます(英語に対応できるエンジニアの絶対数が少ないがために、需要と供給の原理により、時間単価が上がるからです)。その点を考慮すると、インドで開発するメリットが際立ちます。
インドは日本企業だけでなく、米国を初め、様々な国の企業から、英語圏用のソフトウェア開発を受託してきました。従って、グローバル市場に投入する商品・サービスのあり方をよく理解しています。必要に応じて、日本企業にアドバイスをすることもできるでしょう。
そればかりではありません。多言語仕様の商品・サービスの開発拠点としても、インドは理想的な選択肢です。実際に、インドのソフトハウスには、多言語仕様の商品・サービスの開発を手がけたところが少なくありません。多言語仕様製品の経験が比較的浅い日本で開発する場合に比べて、コストは大きく違ってくるでしょう。
日本市場も相応の大きさを持った市場ですが、今後は、成長の源泉を海外に求めていくことが必要になります。開発拠点としてインドを活用する。このことを真剣に検討してもよい時期ではないでしょ

For inquiries, Please Call or Email