手間のかかるオープンソースの評価がすぐできるEvaluateApps

時給2,000円で計算したとしても、オープンソースの評価用環境づくりのためだけに、3万2,000円がかかる計算になります。これを仕方がない出費として考えたらよいでしょうか?オープンソースのインストール済み環境が得られるEvaluateApps

オープンソース評価の前準備にも人件費が必要

SugarCRMにしてもMagentoにしても、オープンソースのソフトウェアは無料で入手はできるものの、「試しに使ってみる」場合には、色々と手間がかかります。環境がまったくないところから準備を始めるとすれば、次のようなステップが必要です。

ー サーバー用のマシンを用意する。

ー 数あるLinuxのディストリビューションの中から最適なものを選んで、インストール用のCD-ROMを入手、あるいは作成する。

Linuxを用意したマシンにインストールする。

ー インターネット関連の設定を行なって接続する。

ー ウェブサーバーソフトApacheの環境を設定する。

ー 試用したいオープンソースソフトウェア(OSS)のインストールを行う。

OSSの環境設定を行う。

OSSにログインして、ユーザー環境を作る。

このような作業に手慣れているエンジニアであれば、中途で何もまごつかずに、比較的すばやく作業を終えることができると思います。しかし、この種の作業は年に何度も行うものではないため、多くの場合は、マニュアルを読み、ネットのガイダンスを読みながら、ステップバイステップで進めることになります。8時間で終了する作業ではないでしょう。2日は見込む必要があります。

趣味で行う場合は別として、企業であれば、この2日間に人件費がかかります。時給2,000円で計算したとしても、オープンソースの評価用環境づくりのためだけに、32,000円がかかる計算になります。これを仕方がない出費として考えたらよいでしょうか?

オープンソースのインストール済み環境が得られるEvaluateApps

Fidel Technologiesが運営しているサービスEvaluateAppsでは、こうしたオープンソースの評価に欠かせない環境づくりをしないで済ませることができます。SugarCRMMagentoのような、よく使われるオープンソースソフトウェア(OSS)はすでに環境が作ってあり、利用開始の手続きを済ませれば、すぐに、自分専用のOSS環境として、その時点から、評価作業に使うことができます。あたかも、自分専用のサーバーにインストールしてあるOSSのように使えるのです。ビジネスユーザー用ということで、1週間で20米ドルの料金がかかります。

現在用意されている主なOSSは以下の通り。また、詳細なリストは次のページにあります。以下にないOSSであっても、プレミアムコースを選択して、50米ドルの料金を支払えば、希望するOSSEvaluateAppsのスタッフがインストールして環境を作ってくれます。

SugarCRM

Piwik

Magento

Pentaho

Openbravo

Jaspersoft

WordPress

EzPublish

Modx

Mambo

Nucleus

Xoops

WebsiteBaker

WebsiteBaker

TangoCMS

Joomla

Drupal

OScommerce

Reserveyour-reservations

次回の投稿では、実際に使ってみると、どんな具合かを書いてみたいと思います。 (D.I.

For inquiries, Please Call or Email