EvaluateAppsでコマースソフトMagentoを試す

評価の高いコマースソフトMagento

様々なオープンソースソフト(OSS)の評価ができるEvaluateAppsで実際にソフトを試して見たいと思います。最近、非常に評判のよいコマースソフトMagentoを選んでみました。

ネット通販に関心を寄せる企業や個人の方はたくさんいらっしゃると思います。実際に始める場合、選択肢としては、楽天のようなショッピングモールに毎月の料金を支払って「入居」するか、自らサーバーを借りるなどして自前のネット店舗を立ち上げるか、2つの選択肢があります。楽天など大手のショッピングモールでは、毎月の負担が軽いコースも用意されていますが、それでも固定費として考えると負担が重いというケースもあるでしょう。一方、自らサーバーを借りてショップを立ち上げれば、毎月の固定費を低く抑えることも不可能ではありません。

また、ネットショップの形を作るコマースソフトが優れていれば、楽天などのショッピングモールでは利用できない様々な機能を使うこともできます。日本語版だけでなく、英語版や中国語版のサイトを並行して運用する。PayPalなどの外国人のお客様が使いやすい決済手段を用意する。お客様の購入履歴に合わせて多種多様なプロモーションを打つ。こういったことは、自前のネットショップがあり、優れたコマースソフトを使っていることで初めて可能になります。

そこでオープンソースソフトのMagentoの出番となります。Magentoは世界中で多くの大企業や中小企業に使われているコマースソフトです。また、ネットショップをこれから初めてみたいと考える個人の方にもよく使われています。本格的なコマース機能がオープンソースならではの無料のソフトとして使えるので、人気があるのです。

しかし、Magentoがいいなとわかったとしても、実際に利用を決める前には、試用をして機能やインターフェースを確かめて見ることが不可欠です。自分たちに使いこなせるのか。機能は揃っているのか。英語のメニューでまごつかないか、といったことを、試しにインストールした環境で評価する必要があります。EvaluateAppsでは、そうした試用がすぐにできます。

Magentoの管理インターフェースは英語

実際にEvaluateAppsで使用開始の手続きをして、Magentoの管理画面に入ってみました。メニューやインターフェースはもちろん、すべて英語です。Magentoには、日本語のショップを立ち上げるためのモジュールが用意されていますが、そうしたモジュールも、管理側として管理するインターフェースは英語になるのです。こうしたことも、実際にインストールした環境で試用してみないことにはわかりません。

Magentoをインストールした直後、お客様が見ることになるショップのトップページは、何の画像もない、まっさらなトップページです。ここに試験的に画像を入れて、日本語の文字を表示させてみることにしました。

Magentoでは、「CMS」というメニューがあります。

magento1

ここに、いま存在しているページのリストが表示されています。そのうちから、「Home Page」を選んで、編集画面を出してみました。

magento2

当然のことながら、スタイルシートとHTMLとは分けて編集するインターフェースになっています。HTML編集ページの方で、簡単に画像と日本語の文字を入れてみました。その結果を、お客様が見ることになるトップページで表示させた結果が以下です。

magento3このようにしてショップのトップページを編集できることがわかりました。

こうしたごく簡単な試用程度であっても、自分でサーバーを立てて、あるいは低コストのサーバー環境を借りて、Magentoをインストールして環境を設定して…ということになると、12日程度はかかってしまいます。EvaluateAppsを使えば、すぐにこれらの試用ができるので、時間節約になります。(D.I.

For inquiries, Please Call or Email