バンキングと金融 サービスにおけるRPA のメリット

バンキングと金融サービスは、速いペースのサービスとソリューションの提供に向けたクイックなメカニズム、ワークフローとプロセスと、それらに対する顧客のニーズが存在するという点で例外ではありません。RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)は比較的新しい技術ではありますが、様々な産業向けに業務上、戦略上のメリットがあるというコンセプトをもって、非常に有望かつメリットがあるとされ、普及しています。

現代の銀行業界の業務は口座開設、現金預け入れ、ローン貸付だけにとどまりません。クレジットカード、コンタクトセンター、偽造発見等様々な部署の立ち上げに向け急激に拡大しています。戦略的に、どの部門の業務もシビアで銀行側としては手作業はしたくてもできません。業務の遅れは顧客を失うことにつながるからです。そう、このソリューションとして、RPAが重要になってきているのです!バンキングと金融サービスにおけるRPAのいくつかの側面とメリットを実例もまじえて見ていきましょう。

バンキングと金融サービスにおけるRPAの重要性

バンキングと金融サービスは、他のあらゆる産業と同じく、多面的サービスの分野です。一方、もうひとつ付加的要素があります。それは取引のセキュリティー、言い換えれば顧客のお金に対するセキュリティーです。アドミニ業務、労務管理、顧客満足測定、社内業務プロセス等、他の業務は業界独特の技術的多様性をもったままとなっています。バンキングと金融サービス業界では、日本のメガバンクのいくつかがRPAの導入を始めています。RPAをもって、これらの銀行は業務コストを削減、従業員の作業効率を向上、CS改善につなげてきました。

銀行や金融機関は窓口と同様バックエンド業務も抱えています。これらの機能のうち、RPAによって影響を受ける可能性のある業務は、売掛金、回収、全体カスタマー・サービス、クレジットカード処理、口座閉鎖処理、アンダーライティングサポート、口座開設と債務処理、抵当処理、預金、コンプライアンス、人事、アドミニ等です。

バンキングにおいてRPAはどのように機能するか?

バンキングにおけるRPAの重要性についてふれました。次は、バンキングと金融サービスでRPAがどのように機能するかについて見ていきましょう。世界でのRPAのリーディングデベロッパーのひとつであるAutomation Anywhereは、銀行のシステムの周囲へのRPAのカスタマイズドソリューションの構築をサポートします。RPAは、特定または複数のバンキングプロセス内での反復作業の自動化をサポートするデスクトップやエンドユーザーデバイスレベルのソフトウエアロボット、AIシステムの設置を行います。ボットはその実行中、アプリケーションの開設、情報転送、Eメールの返信とやり取り、その他組織内で明らかに時間がかかる非生産的であり、人的リソースのかかる業務プロセスを担当します。

バンキングにおけるRPAのメリット

  1. 業務効率の向上:バンキングは人間、そしてどのビジネスにも必要なものです。効率的なバンキングシステムは社会で苦労の末手に入れたお金の効率的管理を意味します。もちろん、RPAは初期段階、包括的インフラの中でのトレーニングを必要とします。しかし、一旦初期のハードワークと投資がすめば、持続可能なソリューションとして残ります。また導入1年目で機能的効率を向上させることもできます。
  2. コスト効率の高いソリューション:コストの節約はどの産業でも重要です。銀行は競争の激しい環境下でのコスト削減を非常に重視しています。RPAはコスト削減に貢献しないと考える人もいますが、リサーチが示す通り、業務効率を高める唯一の方法です。RPA導入により全体コストの約25~50%の削減が可能です。
  3. 変化に対する高い適応能力:プロセスは時間がたつにつれ変更を要します。リジッドのシステムは、プロセス内で提案された変更を盛り込むのは技術的に難しいですが、RPAボットはその変更に対し、1週間程度でフレキシブルに適応します!
  4. 最小限のコーディング:RPAは、簡単な統合、実装、および運用を保証する最新の技術です。従来の自動化のメカニズムが大規模なコーディングを必要としたのに対し、RPAは最小限のコーディングだけで済み、運用・メンテナンスが簡単です。
  5. ペースの速いビジネス:企業は技術の導入を急ぐ傾向にあります。RPAはこの基本的な要求に最大限に応えます。これにより状況や懸念事項に対し即応し、顧客サービス向上につなげます。さらに必須のアドミニ業務はボットが行うため、銀行や金融機関はリソースをより生産的で事業拡大に向けた業務に活用できます。
  6. 意思決定の伝達:何かに技術を導入することにより、業務効率が向上するだけでなく、リアルタイムのデータと数字が利用可能になることを通じ、戦略策定に貢献します。
  7. 迅速な実行:ロボットは短期間の反復により試験できるため、銀行業界のRPAにより業務実施が容易かつ迅速に行えます。従い、銀行は業務実施のリードタイムを節約できます。

銀行の社内プロセスでのRPAの導入例

銀行業界でのRPAの実施例を3つ見てみましょう。窓口業務に関連して銀行の社内プロセスには下記のようなものがあります。

  1. 顧客情報確認:これは長く、時間のかかるプロセスですが、RPAなら自動のローン承認、処理で顧客確認のプロセスを短縮します。税金等の支払いといったものに必要な当局のウェブサイトにある顧客情報を自動的に照会・確認できます。
  2. 口座開設要求:RPAにより口座開設プロセスを迅速、正確、簡便に行うことができます。向上したシステムデータ品質により下流工程でのミスを低減できます。これはコアバンキングシステムと新規口座開設依頼の間のデータ転記ミスをなくすことで可能となります。
  3. ローン処理:従来、ローン審査は時間のかかるプロセスとされてきました。以前の自動化のメカニズムで改善されてきましたが、RPAはより速く処理が可能です。予備審査の処理時間を30~40分から約10~15分に短縮しました。

Fidel-日本のRPAソリューションにおけるAutomation Anywhereのパートナー

RPAのグローバルリーダーとして、Automation Anywhereは世界中の複数の業界に向けダイナミックで、実用的、結果志向のRPAソリューションを提供します。銀行業界はその業界のひとつです。FidelはRPAエンドツーエンドのRPAソリューションでサポートを行うAutomation Anywhereのパートナーです。日本の産業界の様々な業界でセールス、開発、遂行、アフターセールスのテクニカルサポート等を行います。FidelはAutomation Anywhereのパートナーです。RPAは銀行業界向けに、迅速な内部プロセス、効率向上、コスト削減促進-よりよい結果と、顧客サービスのための基本要素の3つに対しサポートをいたします。

日本でのRPAソリューションに関するFidelのサポートについてのお問い合わせは+81-3-3351-3160.
までお願い申し上げます。

For inquiries, Please Call or Email