欧米のユーザーのサポート拠点としてインドを使う

インドでは、英語だけでなく、ビジネススキルに優れたスタッフが豊富に存在しているため、欧米のユーザーを対象にしたユーザーサポートの拠点として活用することができます。

インドは英語圏の国です。従って、英語で対応する必要があるサービス、すなわち、ユーザーサポートなどの英語をベースにしたビジネスプロセスアウトソーシングの拠点として使うことができます。

インドでユーザーサポートを行うメリット

日本で英語に堪能なスタッフを探すと、絶対数が少ないだけに、賃金が割高になったり、スキルのしっかりしたスタッフが確保できなかったりする問題によく遭遇します。また、英語で対応すべき業務内容は、さほど高度なスキルを要求するものではないのにも拘わらず、高賃金のスタッフを採用せざるを得ないといった、職務内容と賃金とのギャップが発生するケースもあるのではないでしょうか。

現在では、商品やサービスを海外で展開するケースはごく一般化しています。顧客に対応するには、まず英語で、という状況はごく当たり前です。しかし、上述のような課題が解決できずに、悩んでいらっしゃる企業も多いと思われます。その解決策がインドで得られます。

インドで得ることのできるスタッフは、人口が多い環境における競争を勝ち抜いてきた人材であるだけに、優れた資質を備えています。理解力が高く、日本企業が求める細かな要求にもよく対応します。そして、もちろん、優れた英語の能力を持っています。

ユーザーサポートなど、電話を介して行う顧客対応は、ある意味で労働集約的です。そうした業務には、日本と比べてコストメリットのある、優れたインドのスタッフを配置することが得策だと言えるでしょう。ぜひ、ご検討ください。

For inquiries, Please Call or Email